考えておきたい最後の家

考えておきたい最後の家

お墓とは…

墓地埋葬法では遺体または遺骨を納める場所とされ「墳墓」と「納骨堂」に分類されます。
いづれも都道府県知事またはその委託を受けた市区町村長の許可を受けた墓地または納骨堂に設けられます。
「墳墓」は個々のお墓のことで、許可を受けた「墓地」に設けられます。
墓地は事実上、自治体による公営、財団法人、宗教法人でなければ認められません。

「納骨堂」は他人の委託を受け焼骨を「収蔵」する許可を受けた施設です。
従って寺院、教会などの宗教施設でも許可を受けていなければ遺骨を長期に預かる事はできません。

尚、自分の家族の遺骨を自宅に保管することは違法ではないと解釈されています

生前寿陵・・・お墓の準備

生前にお墓を建てることを「寿陵」と言います。
縁起が悪いように思われがちですが、むしろ古くから「長寿」「子孫繁栄」「家庭円満」の果報を招く縁起のよいこととされ、仏教教義では生前に仏事を行うことは、徳の高い行いとされています。

札幌霊堂では生前寿陵されても、最初の納骨までは費用が発生いたしません
ご自身ご家族が納得されたお墓を選ぶことができ、ご家族の負担軽減、後々の安心感が得られる生前寿陵をお勧め致します

明確にしておきたいポイント

  • 一般的に「お墓を買う」と言いますが、正確には「墓地の使用権利を取得する」と言う事です
    墓地の土地はその経営主体の所有で、利用者にその使用権があり、墓石は利用者の所有物件、納骨堂においては、納骨壇の使用権を取得すると言うことです
  • お墓の建立には、墓地使用権取得費用と墓石建設費・管理費が必要、納骨堂では納骨壇使用権取得費用と管理費が必要です
  • 使用権が「永代」とあっても、管理費が一定期間途絶え、承継縁故者が不在の場合使用権が消滅、官報告知等の法的手続きの上、墓石撤去、遺骨は合祀されます
  • 納骨(埋蔵・収蔵・改葬)には死亡した自治体で交付される許可証が必要です

札幌霊堂は

  • 札幌霊堂は宗教宗派を問いません
  • 屋内納骨は、雨や雪、風など天候に左右されず、いつでも納骨、お参りができます
  • 鳥獣に荒らされたり、雑草の心配なくいつもきれいに年中快適
  • ご親族に代わり管理致します、転勤や遠方でも安心
  • 交通便利、市営地下鉄南北線南平岸駅(旧霊園前)から徒歩4分、大駐車場完備(ハイルーフ車も難なく駐車)
  • 日本グリーフケア協会1級認定のケアアドバイザーが在籍
    大切な方亡きあとの悲嘆ケア⇒ グリーフケアとは(日本グリーフケア協会H/Pへリンクします)